MENU

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

4/24(日)香川県:ボードゲームサークル「のらり・くらり」4月定例会

こんにちはお手玉ピエロです。
「のらり・くらり」4月定例会を行います。

日時:4月24日(日)
   13:00~20:00

場所:高松市扇町3-11-5 COOP扇町店
    2階小会議室
http://map.livedoor.com/map/scroll?MAP=E134.2.9.2N34.20.31.2&ZM=10

参加費:学生(高校生以上)、社会人   500円


予定(持込)ゲーム:カタン、エンドブレイカーSCG etc


御来場の程、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

home


Comment

今回遊んだゲーム1

こんばんわお手玉ピエロです。
今回遊んだゲームを紹介します。

・バッカスの宴:
お手玉ピエロ、しゃみぺけぺん、N氏、T氏でプレイ

◎カリギュラやその臣下となって宴(場)に出ている料理や酒、
贈り物など(カード)を取り自分の物にしたり、他の人に勧めたりして
自分の目当ての物を集めていくゲームです。


満腹度が溜まり易い毒薬や数値の高い料理は極力捨て札にしたり
(自分に戻ってくる可能性がありますが)他の人に勧めて
出来るだけ自分の満腹度が上がらないようにプレイしました。
(満腹になるとそのキャラは昏倒してしまいます。)
ゲームが進むうちに各自贈り物を集めたり、カリギュラ暗殺を目論み
短剣を集めたり満腹度が高いのに料理を食べたりして
それぞれの役割を把握してきた所でNさんが贈り物を3種類集めて
ゲームに勝利しました。

お互いの正体(目的)が分からない状態でカードを勧めたりするのは
結構ドキドキします。(相手に有利なカードを与えている可能性も
あるので。)8人まで出来るゲームなのでそれぐらいの人数で
遊ぶとより混沌として面白くなりそうです。

以上で紹介その1を終わります。

今回遊んだゲーム2

こんばんわお手玉ピエロです。
今回遊んだゲームを紹介させていただきます。

・Chicken Run  ~Chicken Warriors2~:
お手玉ピエロ、しゃみぺけぺん、N氏、T氏でプレイ
◎2000年からボードゲーム製作を行っている「カナイ製作所」の
ChickenWarriorsシリーズ2作目(全3部作)

目当ての村娘と結婚する為の結納金を作ろうと前作倒した
(と思われている)ドラゴンの宝を戴きに再び洞窟に足を運ぶ若者達。
そして若者達へのリベンジに燃え傷を癒すため眠りに付くドラゴン。
若者達がドラゴンの宝を持ち去ろうとした時、ドラゴンの報復を背に
互いの足を引っ張り合いながら出口を目指す
醜い逃走競争が始まります。

ゲームは2パート在り始めはアイテムカードを1枚引くか、ドラゴンから
離れることが出来ます。
様々な条件でドラゴンが目を覚ますと、ゲームは逃走パートに移り
プレイヤーはトランプのカードを使ってドラゴンから離れたり、
同じ柄のペアや数字の並んだカード複数枚で特殊アクションを
行ったりします。
全員がパスをしたら洞窟の場面(ステージ)が変わったり、ドラゴンが
特定の対象に攻撃したりします。

出口までの逃走中、宝の重さで何度もドラゴンに踏みつけられる人も
いればドラゴンの攻撃で呪いの宝を落としてドラゴンから離れたり、
どんどん進んで他の人をドラゴンに近づけさせたりしてました。
(ドラゴンとはある程度の距離までしか離れることが出来ず
それ以上前に進むと他の人がその移動分ドラゴンに近づきます。)

出口のステージで一通り終えるとゲーム終了。アイテムカードの
ポイントを数えると両手に村娘(アイテムカード 20P)
抱えていたT氏がダントツで1位に。

プレイ人数が4・5人とその辺りの縛りがキツイですが
他人を邪魔する要素が多数ある割りに(又は多数あるからなのか)
後腐れの無いサッパリしたゲームでした。
以上でゲームの紹介その2を終わります。

今回遊んだゲーム3

こんばんわお手玉ピエロです。
今回遊んだゲームの紹介をします。

・コンテナ:お手玉ピエロ、しゃみぺけぺん、N氏、T氏、Y氏でプレイ

◎前のゲームのプレイ中にYさんが来て(こちらのゲーム会は
初めて)こちらのゲームから参加してもらいました。

コンテナを自分の工場で生産・販売したり、他の所の港でコンテナを
購入して自分の船に載せて島で仕分けしていくマネージメントゲーム
5種類のコンテナは各プレイヤーで価値の違いがあり
他のプレイヤーには非公開にしてあります。

自分のボードには他のプレイヤーに売る為のコンテナを作る工場と
他の工場から購入したコンテナを他の船に売る港があります。
(自分の工場で作ったコンテナは自分の港に運ぶことはできず
自分の船を自分の港に寄せることは出来ません。)

コンテナを載せた船が島に着いたら船の持ち主(プレイヤー)以外は
そのコンテナをどれ位の金額で購入するか一斉入札を行います。
金額と購入する人が決まったら持ち主はその人にお金を支払い
自分の土地にコンテナを置くか、その人(と銀行)からお金を貰うか
決めます。
例:コンテナの金額がお金3で決定してお金を貰う場合
3(購入する人から)+3(銀行から)=6で結果お金を6貰える。

2種類のコンテナのストックが無くなったらゲーム終了。
自分の土地にあるコンテナをお金に変換してお金が1番多い人が
勝ちになります。

始めは工場と港でのコンテナの売買に回りくどいイメージが
ありましたがゲーム中盤に入ると商品(コンテナ)の流通を操作
するイメージがある程度できたので違和感が無くなりコンテナ売買のやり取りが楽しくなりました。
「色々試したい」という意味で何度か遊びたいゲームです。

これでゲームの紹介を終わります。

今回遊んだゲーム4

こんにちはお手玉ピエロです。
それでは今回最後に遊んだゲームを紹介します。

・タンクウォーリア(注:ゲーム名を聞き間違えた可能性があります。
ホビージャパンから発売されていた「タンクハンター」、
「タンクバスター」の可能性があります。)
お手玉ピエロ、N氏、T氏、Y氏でプレイ

◎「コンテナ」が終わった後、しゃみぺけぺんさんが帰宅。
(時間ギリギリまでスイマセン)残り時間が1時間半程だったので
Tさんが持参したカードゲームを遊びました。

戦車や歩兵、砲台などのユニットカードを自分の前に配置して
同じ様に配置された相手のユニットを攻撃したり
イベントカードを引いて自分の戦車などを増強したりしていく
対戦ゲームです。

相手ユニットへの攻撃はダイスを振ってその出目が特定の数値以下
ならユニットを撃墜した事になりユニットカードを得点として取る事が
できます。
イベントカードは追加でユニットカードを配置できたり装甲を固めて
攻撃成功のダイス目を下げたりできます。
(たまにアクシデントカードが出て不利な状況になったりもしますが)
又自分の配置したユニットカードが全滅してもイベントカードを引く事は
出来ます。(自分も2番目に全滅して後は
ゲーム終了時までイベントカードを引いていました。)
残ったプレイヤーが1人だけになったらゲーム終了。
残ったユニットも含めて取ったユニットカードのポイントを合計して
1番高い人が勝者になります。

戦車やミリタリー好きには勿論、1時間程で簡単に遊べるので発売から20年
経った今でも根強い人気がある再販希望の声が多いゲームです。


以上でゲームの紹介を終わります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP