MENU

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

10/24(日)香川県:ボードゲームサークル「のらり・くらり」10月定例会

こんにちはお手玉ピエロです。
「のらり・くらり」10月定例会を行います。

日時:10月24日(日)
   13:00~20:00

場所:高松市扇町3-11-5 COOP扇町店
   2階小会議室(名称が変わっただけで部屋自体は変わりません

http://map.livedoor.com/map/scroll?MAP=E134.2.9.2N34.20.31.2&ZM=10

参加費:学生(高校生以上)、社会人   500円
(注):中学生以下の学生や児童等の子供の来場、参加はお断りさせていただきます。
    (保護者同伴の場合、保護者もお断りの対象とさせていただきます。)


御来場の程、宜しくお願いします。
スポンサーサイト

home


Comment

予定ゲーム

こんにちはお手玉ピエロです。
今回のゲーム会に用意するゲームを
4つ程選びました。
(実際にはこの中から2つ
 用意します。)

・アグリコラ(泥沼からの出発)
1~5人/人数×30分(?)

:農場運営ゲーム「アグリコラ」に
「森」や「泥地」タイルや新しい
家畜の「馬」や追加のアクション
「特別アクションカード」などで
遊べる拡張セットです。


・トバコ 2~4人/60分

:財宝が眠る島「トバコ」で各自が
持っている手がかり(カード)で
場所を見つけジャングルや湖、
ヤシの木や彫像のある島中を
オフロ-ドカーで走り回る
宝探しゲームです。

・マンマミーヤ!
 2~5人  30~40分

:自分や他の人が出したトッピング
(材料)カードに注意しながら
8種類のピザを作るカードゲーム。

・ドミニオン(錬金術)
 2~4人 60分

:カード構築(自分のカードの山を
作る)ゲームの拡張。
追加ルールで財宝カードに新たに
「ポーション」が加わり、
カード購入時にポーションが必要な
アクションカードが10数種類増えました。

御意見等よろしくおねがいします。

「のらりくらり」ゲーム報告

こんにちはお手玉ピエロです。
遅くなりましたが今回遊んだゲームの
紹介を行います。

レモネードストール
2~4人 60~75分
(お手玉ピエロ、N氏、
 しゃみ・ぺけぺん氏でプレイ)

アメリカの
「Board Game Geek」
(英文)にルールが載っていたゲーム
レモネードを売る商人になり、
その日の天気や気温から客数を見出し
1週間でお金を儲けるゲーム。
最初に一斉に出すアクションカードは
「売却できるレモネードの数を
1.5倍にする」や「(レモン・氷・砂糖・コップ等)材料1種類の
10個の仕入れ値を1$にする」など
状況に有利な展開を導くカードを
7枚の手札の中から選びます。
値段は六面体ダイスの目+2$で
決めますがその値段と天気と気温で
その日に売れるレモネードの数が決定
するので、あえて値段を高めに
設定して売る量を少なくして儲けを
確保する展開もありました。
難易度も程々なので製品化されるのも
アリなゲームに思えました。

「のらりくらり」ゲーム報告2

こんにちはお手玉ピエロです。
今回のゲーム会で遊んだゲームを
紹介します。

サン・マルコ
3・4人 90分程
(お手玉ピエロ、N氏、
 しゃみ・ぺけぺん氏でプレイ)

中世のイタリアの貴族になり評議会
での実権を握ろうと水の都ベネチアの
地区に手勢を送り最終的に高い評価を
目指すゲーム。
スタートプレーヤーは
アクションカード(ボードに手下の
コマを置いたり、運河で離れた地区に
橋を掛けて繋いだり、
元首コマを使って得点計算を行う)と
リミットカード(1~3の数字が
書かれたカード。そのカードの合計値が10以上になるとそのプレイヤーはそのラウンド、プレイ終了となる。)
あわせた十数枚を人数分に分けて
他のプレイヤーから順番に
そのカードを選んで使用します。
「寝返り」で他の手勢をこちらに
寝返らせたり、「追放」で手勢を一気に戻されたりして3ラウンドの間に
より多くの地区に手勢を送り点数を
稼ぎます。
今回はゲーム中、差の開いた展開でしたが最後の得点計算で結構接戦になりました。
遊んでみて「これは再販希望の声が
多そう」に思える良作品でした。

次回はもっと早めに載せます。
質問、感想などあればコメント
お願いします。  

「のらりくらり」ゲーム報告3

こんばんわ お手玉ピエロです。
紹介ゲームも残り2つに
なりましたがサクサク紹介
していきます。

◎幻想郷いたずら大作戦:
30分 2~10人
(お手玉ピエロ、N氏、
 しゃみぺけぺん氏でプレイ)

「あゆ屋」というサークル(?)
が作った東方Projectの
二次創作品。
ゲームのシステムは
「ごきぶりポーカー」を
改良(ホントに”良”でした)
したカードゲーム

手札から1種類
(同名であれば数枚OK)
カードを選んで、
他のプレイヤー1人に
裏向きで出して
カード名を宣言。
(ここは別のカードの名でも
 OK。)
出されたプレイヤーは
その宣言が本当かどうか
判断します。
その判断が正しければ
出した人に、間違っていれば
自分(出された人)に
そのカードを失点として
自分の前に受け取ります。
誰かの手札が無くなれば
ゲーム終了となり自分の
前に残ったカードの点数が
多い人が負けとなります。

カードを一度に数枚出せるので
ゲームのテンポも速く
カードを受け取った人は同時に
特殊カードをもらえるので
プレイヤー間の強弱の差を
埋める工夫もされて
良く出来た作品でした。

「のらりくらり」ゲーム報告4

こんばんわ お手玉ピエロです。
これで今回最後の紹介となります。

マンマミーア:2~5人 30分
(お手玉ピエロ、N氏でプレイ)

全員でトッピング(材料)カードを出し合いながら
自分のレシピカードを完成させるカードゲーム。

ゲームは3ラウンド(カードの山が3回無くなる)
行います。
各ラウンドには前半、後半があり前半は
手札(トッピングカード、レシピカード)を中央に出しながら
カードの山から
手札を補充してそれをカードの山が無くなるまで行います。
後半は前半中「マンマミーアカード(ピザ職人が描かれた
カード)」を持っている人がみんなが中央に出したカードを
底から順番にめくり、トッピングカードは種類別に並べて
レシピカードが出た時はカードに書かれた必要なカードを
並べたトッピングカードとそのレシピカードを出した
プレイヤーの手札を用いて完成させます。
3ラウンド終了までにすべてのレシピカードを完成させた
人の勝ちです。
(複数いる場合手持ちのトッピングカードの枚数で決めます。)
少し変わったプレイ手順ですが簡単に楽しめるゲームです。

これで今回の「のらりくらり」ゲーム報告を終了致します。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP